うつ病は、大きく分けて5つに分類されます。 ・大鬱病(以前は怠け病なんていわれていましたが、近年では一般的にも知られるようになってきました) ・軽症うつ病 ・気分変調症 ・躁うつ病 ・季節性うつ病  大うつ病とは、周りからも何か様子がおかしいと分かるくらい強いうつ状態が長期間続くことを言います。 この大うつ病になると、睡眠障害に至ったり、食欲が低下したり、物事に対しても興味が無くなっていきます。 軽症うつ病とは、日常生活に支障をきたすことのない軽いうつ症状のことです。 仕事を普通にこなしているので、周囲の人が見て様子がおかしいと気付くことは少ないかといって、本人は常にうつ病と戦っている場合が多いです。 この軽症うつ病は、本人も気付かないケースが多く、そのまま何も対処をしないと症状がどんどん悪化していくので、要注意です。 気分変調症とは、軽いうつ症状が2年間続く状態の事をいい、何をしても楽しめありませんし、興味もわきません。 躁鬱病(家族や周囲の人の理解が得られずに、孤独に苦しむことも少なくありません)とは、必要以上に元気になる躁状態と気分が落ち込むうつ状態を繰り返す症状を言うのです。 気分の落差が激しいので、周囲に迷惑をかけることもあります。 季節性うつ病とは、特定の季節限定で、うつ状態になる事をいうのです。 その季節が過ぎると回復するため、治療を行わない人が多いですー